仲介を依頼する不動産会社の選び方について

“仲介を依頼する不動産会社の選び方は、実績があり、きちんと依頼者のために親身になって活動してくれるところを選ぶというのがベストです。不動産会社はたくさんありますが、すべての会社が営業能力が高いとは限りません。営業能力が低い不動産会社に仲介を依頼してしまうと、なかなか買い手を見つけてもらえないという事態にもなりかねません。その点、実績がある会社であれば、これまで多くの仲介をしてきた事実から、依頼者のためにきちんと営業をしてもらえる期待が持てますし、その営業スキルも高いと考えることができます。そのため、仲介を依頼する不動産が者の選び方としては、実績を考慮するのがおすすめできる方法です。
不動産を売却したくても買い手が見つからない場合の価格見直しについても、すぐに値下げをすることを考えるのではなく、仲介をしてもらう不動産会社を変更するということも考えておいた方が良いかもしれません。確かに値段を下げれば購入したい人にとってはうれしいため、早く売ることができるようになる可能性は有ります。しかし、そもそも買い手が見つからない原因が、会社の営業能力が低いということに起因している可能性も無きにしも非ずです。その場合は、わざわざ売値を下げなくても、しっかりと営業をしてくれる業者に変えることで、価格は据え置きでも売れる可能性があります。どうせ物件を売るのであれば、高く売れた方が良いでしょうから、業者の変更も視野に入れてみると良いでしょう。
業者を変更するにあたっては、実績のある所に変更するというのがやはりおすすめです。理由は前述の通りで、実績があれば営業ノウハウやスキルが高いため、早期に買い手を見つけてもらえる期待が持てるからです。また、営業次席がある業者であれば、どれくらいの価格が適正価格化も、過去の仲介実績から判断することもたやすいので、もし売値が相場よりも高かったらそれについてアドバイスをしてくれますし、低ければそれより上げても売れるとアドバイスをしてくれることでしょう。どの業者も、仲介を依頼の前に無料査定をしてもらうことができるため、その際にいろいろとアドバイスをくれるようなところは、信頼できますし利用する価値があるといえます。業者にしても仲介をうまくさせないと仲介手数料を得ることはできませんから、営業自体はまじめにやっているはずですが、やはり能力が低ければまじめにやってくれても売れないのが実情です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です